印刷に関することなら何でもご相談ください!

製版・刃型

  • HOME »
  • 製版・刃型

koutei2-1

版を作ることを「製版」といいます。
製版するには、デザインしたデータを色ごとに分けたり、印刷位置を合わせるための目盛りを付ける必要があります。

check

【トンボ】
印刷位置を合わせるための目盛りを指す言葉です。
【面付け】
1つの版に同じデザインをいくつも付けることです。大量印刷でも大幅に時間を削減することができます。付けた数を1面付け、2面付け、3面付け、、、と数えます。
【ドブ】
シールとシールの間にできた範囲を指す言葉です。例えば、印刷するシールとシールの間を3mm開けた場合、「ドブ3mm」といいます。

 

koutei2-2

印刷した紙を切って、シールの形にするのが「刃型」です。
一般的な形は正円、楕円、正方形、長方形など、様々なサイズが作れます。
その他にも、星やハートだけではなく、いろんな形のシールも作れます。(「変型」といいます)

check

【角R】
型の角に沿って円を書いたときにできる円の半径のことです。数字が大きくなるほど、角は丸まっていきます。

 

←前へ                         次へ→

お気軽にお問い合わせください TEL 0274-24-1101 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社 関越工業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.